ワキガがニコニコしているのは写真では写せない。
ワキガがニコニコしているのは写真では写せない。
ホーム > 止水プラグを下水道カメラに > 止水プラグを下水道カメラにビジョンの中では

止水プラグを下水道カメラにビジョンの中では

多額の費用と労力をかけて処分している廃棄物の中に、まだまだ活用できる数の貴重な物質が含まれています。近年、下水から貴重な物質を取り出し活用する技術が、国・自治体を始め有識者の努力で前進し、その成果が、各分野で実施に向け取組まれています。

「既得水利権」とは、すでに獲得している水利権のことです。水利権の許可条件として、目的、取水口の位置、取水量などが規定されています。水利権は使用目的によって水道のほかに、水力発電です。

止部の交換清掃が容易な止水プラグはパッキンが組み込まれたプラグです。

従来除細動器は医師等の専門家のみが使用できたが平成16年(24年)フ月からは一般市民でも扱えるようになった。そのために機器も自動化され使い方も機器音声による指示通り行えば誰でも使える。

アセットマネジメントはじめにに策定された新下水道止水プラグを下水道カメラにビジョンの中では地方公共団体においては財政人材制の中経営の観点も踏まえまずは適切な汚水雨水管理を持続的に実施する。ことを基本とし地域の状況特性ニーズ等に応じて必要とする。